Thinking(考えるための音楽)

考えるための音楽は1分間 50-60 ビートで、概念化や思考、創造性に寄与する簡素化されたクラシック音楽の作品が使われています。

このアルバムはベートーべン作曲の“皇帝協奏曲”の非常にゆったりとした旋律で始まります。 その雰囲気を強調するために編曲されており、管弦楽の一部分を何箇所か簡素化することでベートーベン自身が意図した以上に穏やかな雰囲気になっています。 シューベルトの魅惑的な“ピアノ三重奏”にも同様の手法が使われていて、音楽のリラックスした感じを損ねる部分が排除されています。

加えて、楽器をバイオリンとチェロからビオラとイングリッシュ・ホルンに変えました。 こうすることで周波数域をより低く保ち、一層穏やかな音楽になります。有名なドビッシーの“空想”をはじめ、このアルバムの中にも幾つかの即興演奏の部分があります。

TRACKS

1.Adagio from Piano Concerto No. 5 – Beethoven 10:12

2.Variations on Reverie – Debussy 4:00

3.Test of the Heart – Lawrence 6:17

4.Variations on Piano Concerto No. 5, Adagio – Beethoven 1:33

5.Variations on Piano Trio in Bb – Schubert 2:33

6.Reverie – Debussy 7:02

7.Andante, Piano Concerto No. 2 – Brahms 13:12

8.Andante un poco mosso, Piano Trio in Bb – Schubert 7:42

9.Meditation from “Thais” – Massenet 7:21

Total:60:00

¥ 3,000

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※1回のご注文毎に送料510円が掛かります。

<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。